差出人、由香里。宛先、川原健太となっているメールは何度見ても変化はない。

袖を引いて腕時計を見ては、ため息を落とすのを繰り返していた。

待ち合わせによく使う金時計前。

ゴールデンウィーク初日の今日はいつもより人でごった返している。

待ち合わせ時間の15分前には到着していたのに、それをあざ笑うような『ごめん、ちょっと遅れる』との由香里のメールが届く。

久しぶりにできると思った王道の「待った?」「ううん、俺も着いたとこ」も使えない。

待ち合わせの時間から30分過ぎてくると思わず愚痴がこぼれる。

同じように待ち合わせをしていた両隣もいなくなり、次の両隣も合流相手を見つけて立ち去った。

「由香里のやつ『ちょっと』ってどれだけだよ」

一人寂しく、その場にしゃがむ。

携帯で遊べるゲームをしたくても体力を使い果たしてしまっていてできない。

情報検索しても目引くニュースもなく、肩を落としたところに影が落ちた。

顔を上げると、たっぷり化粧をした派手な美女、もとい、見目麗しい晴香さんが見下ろしていた。

「やっぱり、後輩君だぁ。誠、ちょっと待ってぇ」

隣の男に声をかけて、晴香さんは俺と視線を合わすようにしゃがむ。

「パンツ見えますよ」

俺は短いスカートから覗く膝から目を逸らして忠告する。

晴香さんはちっとも気にした様子もなく、しゃがんだ状態で平然としている。

「後輩君が覗かなければ大丈夫。ねぇ、何してるの?」

「待ち合わせっすよ。晴香さんこそデート中に彼氏放っておいていいんっすか」

「放ってないわ。手が繋がってるもの」

当たり前のように言われて、晴香の腕を目で辿ると確かに二人の手は繋がっている。

手を繋いでいる男と目が合うと、男は会釈して恥ずかしそうに口元を手で覆って顔を背けた。

ずいぶんごっつい黒縁メガネをしていて、インテリ系の神経質そうな印象。