「あ、亜季。
隙を見てお茶淹れるフリして出て来たんだけど…大丈夫?」
心配そうに言ってくれる。

美奈子…

「うん。心配してくれてありがとう。
大丈夫だから心配しないで」

「そう?
課長も酷いわよねぇ~いくらお茶をこぼされたからってあんな言い方しなくてもいいのに」

「ううん。
私が大事な書類の上にこぼしたんだから仕方ないわよ!」

またもや課長を悪く言われてしまった。

「まぁ…そうだけど。でも、亜季とは…kissまでした仲なのに…」
納得いかない様子の美奈子。

美奈子は、いい友人で同僚だと思う。
私の事を心配してくれる。

「上司として正しい判断だと思うわ。
私に特別扱いして怒らないとかフェアじゃないもの」

それは、さすがに上司としてまずいと思う。ひいきになっちゃうし…

「あんたは、大人ねぇ~私なら怒っちゃうわよ!」
呆れながら苦笑いされる。

この作品のキーワード
課長  OL  上司  無愛想  切ない  オフィスラブ  純愛  不器用  大人  お見合い