◇◇◇


パタパタと走る私の足音が、薄暗い廊下に響いていた。


ここは、私、田丸夏美(タマル ナツミ)24歳が勤めるビール会社の3階。


時刻は、夜の8時。


いつもなら「お疲れさまです」と、とっくに退社している時間。



今日も一度会社を出たのだけど、

会議室の片付けを任されていたことを思い出し、慌てて戻ってきたところだ。



人気のない廊下を小走りで駆けて、小会議室Aの前についた。



ドアの下の隙間から、蛍光灯の明かりが漏れている。



やっぱり戻ってきて正解だった。


私が片付けなくても、誰かが気づいてやってくれたかも……。

少しだけそんな期待をしたが、
世の中そんなに甘くない。



夏真っ盛りの今は、少し走っただけで汗が流れた。


首筋を伝う汗を拭い、ドアノブに手をかけて……

私は固まった。



この作品のキーワード
過去  婚約  俺様  ビール  地味  ラブコメ  同居  大人の恋  じれじれ  トラウマ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。