人生に疲れてしまった
悲観的な彼女が出会ったのは、

年下の可愛い顔した小悪魔的な彼。


「僕が居ないと
すみれさんは死んじゃうもんね」


そう言って微笑む彼に、
あり得ないって言ってやりたい。

言ってやりたいんだけど…


(否定は出来ないかもしれない)


なんて、
心の中では思ってしまったりする訳で。

あぁ、末期だ。絶望的だ。


ーーー

2015.3.18.Wed "完結"


以前短編で書いた
『小悪魔的な君』の続編です。

読まれなくても分かるようにはなっていますが、一度読まれてからの方が詳しく分かるかなと思います。

この作品のキーワード
年下  振り回される  恋愛  戸惑う  小悪魔  可愛い  依存  腹黒  悲観的 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。