「ねえねえ、恭平くん」


「…ん?」


「大好きですっ!」


「……っ、そう」



そう。願わくば、ずっと。






嘘つきな彼女は本音を吐き出して、笑う。




事実と偽り。


正反対な2つが混じり合って、本物に。





今まで散々、振り回された。


好き勝手やる彼女に。



その分、今度は僕があんたを付き合わせてやろう。


いびっていびって困らせまくって。



楽しませてもらおうかな。






「覚悟してなよ」


「…ん?なんか、怖いよ恭平くん」









-END-