桜がふわりふわりと舞い、日差しも気持ちの良い4月のある日。

「ただいまぁ」

家の前にどんと止めてあった迷惑な黒いベンツを見なかったことに決め込んで、玄関で声をあげる。

「ちょっ。
 お姉ちゃん、空気読めなすぎっ」

誰よりも早く、中学三年生の弟、コウスケが走り出てきて私の袖を引っ張った。
反抗期に入っている彼が、私に話しかけてくるなんて珍しい。

「何よ?」

怪訝そうな顔をする私に、肩を竦める。

「しらねーよ。
 でもさ」

声を潜めて、その視線をリビングへと向ける。

「お姉ちゃんに、客……なんだって。
 今、父さんが話してる」

「え?
 お父さん、今日、仕事じゃなかったっけ?」

「わざわざ母さんが呼び戻したんだよっ」

「えぇ、何、それ?」

首を捻る私は、まだそのときどんな客が来ているのか、なんて何も知らなかったのだ。

この作品のキーワード
胸キュン  恋人  御曹司  年の差  美男子  溺愛  激甘  青春  婚約者  許嫁 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。