「じゃあさ、心配させちゃうから、電話で話してくれない? 素敵なフィアンセと一緒に暮らすって」

店から出ると、須藤さんはケータイを取り出した。

「車は?」

「明日まで預かってもらうから心配ない」

言いながら、早速電話を掛けている。

「須藤です。
 ええ、そうですよ。お嬢様もこちらにいらっしゃいます。
 そして、決心がついたと仰っていますので、変わりますね」

丁寧な口調でそういうと、私にケータイを渡す。

「お父さん?」

「マーサ、私たちに気を遣ってそういう風に言ってるんだったら……」

「違うわよ、お父さん。
 そんなんじゃないわ。私、キョー兄ちゃんのこと思い出したの」

「……本当に?」

この作品のキーワード
胸キュン  恋人  御曹司  年の差  美男子  溺愛  激甘  青春  婚約者  許嫁 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。