「久しぶりだね・・・綾。」


中学1年の夏、
主人公の早川綾をかばって事故でなくなった、
綾の想い人・・・荒本隼人が幽霊として
事故から2年後、綾の前に現れたら!?


幽霊と分かっていても、
好きという気持ちが溢れてくる綾と、
綾が自分を好きと気付いてしまう隼人。

いつか別れが来ることは
ちゃんと分かっているつもりでいるけど
別れたくない!

そんな2人の運命は!?



この作品のキーワード
幽霊  切ない      ドキドキ  過去  幼なじみ  ワクワク