運命なんてこの世にはない。

ずっとそう思ってきたのに。

あなたは簡単に覆してしまった。

……誘われる。

……攫われる。

……囚われる。

運命のその先へ。

ここではないどこかへ。

運命という名の鎖に雁字搦めにされた私は、一体どこへ向かうのだろう。


この作品のキーワード
運命    年下 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。