…何も考えられないまま、気が付けば家に帰っていた。
…龍介からは逃げられそうもない。

…山積みになった問題を解決する術を見つける事が出来ない。

・・・あの事を知られるくらいなら、龍吾との別れを考えるしかなかった。

帰り際見せられた、龍介からの数枚の写真。
…もう何年も前の出来事なのに、龍介はそれを捨てる事はなかったようだ。

…また、私に、あの恐怖を呼び起こした。

あの事件を起こしたのは龍介だ。それなのに、そこから私を救い出したのも、龍介だった。

…あの事件はすべて、龍介が仕掛けた罠だったと、後で知った。

龍介が突然、私の前から姿を消したあの日。

私はすべてから解放されたものだと思っていた。

心の奥に、しっかりと鍵をかけ、忘れたツモリだったのに。

龍介がそれをすべて思い出させた。


・・・ピンポーン。
部屋の中で、何をするでもなく、ボンヤリとしていると、インターホンが鳴った。


出る気にもなれなくて、その場から動かなかった。
…それでも、インターホンは鳴りやまない。

私は、力なく立ち上がると、玄関に向かい、静かにドアを開けた。

「・・・?!」
目の前にいる人物に釘付けになり、固まる。

「やっと出たね。これ、渡しそびれたからさ」
そう言って微笑んだのは。


「…龍介」
一番会いたくない人物だった。

「これ、ちゃんとはめててよね」
そう言いながら、小さな箱から取り出したのは、…婚約指輪。

この作品のキーワード
俺様  社長  秘密  契約  オフィスラブ  秘書 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。