「何だ? この報告書は! 本城、一体お前は研修で何を聞いてたんだ?」

朝からオフィスに響き渡るほど、力任せに報告書をデスクに叩きつけたのは、私の直属の上司、鬼の様に怖い部長だ。

ここは、大手機械メーカーの本社。

私が所属している部署は法人営業部の一課で、事務の仕事をしている。

三十人の営業さんのサポートとして、顧客からの受発注を受けたり、経費や交通費などの経理業務に加え、来客応対などもあり毎日忙しい。

残業も頻繁にあって、21時を過ぎて退社をするのもザラだ。

そうやって、ただでさえピリピリする日々を送っているというのに、報告書にここまで言われると腹も立つ。

苛立ちを隠せず、一課のボスである部長に、私は真っ向から反論していた。

「だから、何がおかしいんですか? 部長に言われて修正したんですけど」

嫌みたっぷりに言うと、部長は私を睨み上げた。

彼は営業部の部長、若狭祐平三十二歳。

去年ニューヨーク支社から三年ぶりに帰国してきた、エリート部長だ。

とにかく企業受けが良く、営業成績は群を抜いていて、常にトップを走っていた。

それだけ有名な人が、三十二歳の若さで部長に昇進して帰国してきたのだから、どんな素敵な人だろうと期待していた。

たしかに、見た目はイケメンで最高。

キリッと上がった眉に、少しタレ目の甘いルックスで、一八〇センチという長身もあってスーツがよく似合う。

いかにも、イケメンエリートビジネスマンといった雰囲気なのに、とにかく性格が最悪だ。

仕事が出来るからか、厳しすぎて怒号を頻繁に飛ばしてくる。

今みたいに、報告書が気に入らないと言っては叩きつけるんだから、ウンザリだ。

「報告書ってのはな、報告する為に書くんだよ。何を勉強して何を知って、それをどう生かすか。最低、それだけは書けってこと。ほら、やり直し」

報告書を突き返されて、私はそれをひったくるように取った。

「分かりました。書き直してきます」

部長を睨みつけながら言うと、私は興奮冷めやらぬ気持ちでデスクに戻った。