バイトの男の子が祥裄のビールとサラダを持って来てくれた。

取り分けて皿を渡して、しばらくの間無言で食べる。
何を話していいのか、お互いに迷っているような気がした。


「……今度、カフェの内装やるんだろ?」


先に沈黙を破ったのは祥裄だった。

「さすがやり手の営業、話を聞きつけるのが早いね」

「たまたま小川さんから聞いたんだよ。良かったじゃん。ずっとやりたがってたもんな」

「ふふ、ありがと。まあちょっと、最近頑張ってるという評価をいただきまして」

「ホント頑張ってるよ、お前は。……俺とは大違いだ」

ふーっ、とため息をついて、目を伏せる。
ミスをして落ち込んでるのは本当らしい。

「珍しいじゃない、あんたがそんな顔するの。
……ここ二、三年調子良すぎたんじゃないの? 鼻っ柱へし折ってもらえてちょうど良かったじゃん」

冗談交じりでそう言ったのに、祥裄はそうかもな、と真面目に頷いた。

「お前と付き合ってる間、調子良すぎたんだ。最近そう思う」

ぐいっとビールを煽った。視線は伏せたまま、手がグラスを弄ぶ。


「多分お前にいろいろ助けられてたんだろうな。それが当たり前になって、忘れてしまってただけで。本当感謝してるよ」


「……ちょっと、振った女に感謝なんかしてどうするのよ」

「調子悪くなって気付いたんだよ。お前を振るなんてもったいないことしたかな、って」

今更何を言い出すんだろう。そんな話になるとは思わなかった。


「あのね、そんなの落ち込んでる時の感傷よ。あんたには絵里ちゃんがいるでしょ」

「わかってるよ、そんなこと」


また無言が流れた。気まずい沈黙をごまかすようにグラスに口をつける。

この作品のキーワード
美容師  三角関係  年の差  アラサー  結婚 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。