ちらりと時計を確認すると、十時半過ぎ。
明日も仕事だけど、まあ酒を飲まなければ大丈夫だろう。


「今日はお仕事、これで終わり?」

「はい? まあ一応仕事は終わりですけど」

「じゃあなんか食べに行こうよ。私もご飯まだだし」

「いや、でも俺金ないから……」

「おごるよ。カット代の代わり」

「えっ? いいんですかっ?」


大げさに驚いた大輔くんが、なぜか意見を求めるように辻井さんを見た。

あれ、もしかしてカットモデルと一緒に食事ってマズイ?
それとも私がおごることか?


辻井さんはその視線に対して仕方ないな、って感じで笑うと、それこそ犬を追い払うみたいにしっしっと手を振った。

「カルテはちゃんと作っとけよ。片付けは俺がやっとく。行ってこい」

ありがとうございます、と笑う大輔くんの後ろに、また勢いよく振られるしっぽの幻影が見えた。

この作品のキーワード
美容師  三角関係  年の差  アラサー  結婚 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。