寝て起きれば朝である。

それも月曜日の朝。

どんなに学校へ行きたくなくても
今日からまた5日間頑張らなきゃいけないという話。

凪子と自転車2人乗りを上回るような事件を期待しよう。

チャリに乗って
学校へ行く途中、同じクラスのヤツに会うと

「今日はひとり?後ろにはいないの?」って朝からニヤニヤ笑われた。

上回るような事件はなさそうだな。

「うっせー」
冷たく返事して
猛スピードで逃げる俺。

冷やかされるのはタイプじゃない。

学校に着くと
「お前いつの間にそーなった?」

「隠してんじゃねーよ」

仲間内からのそんな声。

いつの間にって……こっちが聞きたいわ。

でも女子の目は冷ややかだった。

「颯大サイテー」

「七瀬がカワイソー」

すれ違いざま
低い声が俺を通り過ぎる。

サイテーって?
それより七瀬がかわいそうって……何だよ。

「どーゆーこったよ?」
ひとりの女子の肩をつかんで聞くと、思いきり嫌な顔をされた。

「どーゆーことって、七瀬がいるのにあんな子とイチャついちゃってるし」

思わずムッときたのは
イチャついたってワードか
あんな子ってワードか……自分でも理解不能。


この作品のキーワード
高校生  田舎  幼なじみ    転校生  双子  風習  ブラック15  男子目線