「黙って泣かれると、なんかしちまったんじゃないか、って怖くなる。それこそ、嫌われるんじゃないか、ってビクビクしちまうからさ…」

彬さんの予想外の言葉に背中を押されるようにして、私は深く息を吐いて、聞いてください、と伝えた。




「うん。ゆっくりでいいから」
「…はい…」



やっぱり行きません、と言ってしまったら、あんな宣言をしてまで誘ってくれた彬さんを拒否する事になって、彬さんは私に幻滅するんじゃないか、って。
そうしたら彬さんは、私を嫌いになるんじゃないか、って本当はずっと怖かった。


だけど、彬さんと一緒にいたい、っていう気持ちの方が大きかったから来てしまったけれど、ここまで来てしまったらもう、後戻りなんかできないんだって分かっていて、そしたら昔の事を思い出して怖くなって。


この作品のキーワード
年上彼氏  歳の差  初デート  初体験  溺愛  甘々  お泊り  イチャイチャ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。