「ねぇ~。よかったら一緒に飲みませんか?」
居酒屋で飲んでる私たちに若い男が声をかけてきた。

私と美和は入社式の時隣同士になったのがきっかけで
凄く仲良くなった。
偶然にもお互いお酒を飲むのは大好きで
こうやって月に3~4回一緒に飲み歩いている。
だがその度に男の人に声をかけられる。

でもそれは私にではなく美和にだ。

美和の体型は普通よりほんのちょっとだけ肉が付いている。
ぽっちゃりと言う訳ではないが
出るとこは出ていて体全体に丸みがあって
一言で言えばエロい身体だ。
顔はそのエロい身体にマッチしているというのだろうか
目は大きく唇はぽってりとしていて、髪はロングのストレート
だが性格はさばさばしている。
もてないわけがない。

「いいけど・・・変な期待はしないでね。
私たちはお酒が好きでここに来ているんだから・・・」
男に媚びるどころかびしっと切るとこは切る姉御肌なんだよね。
だけどそんなところも男の人に受けるらしい。
実際、こうやって男の人と飲んでもお持ち帰りされることは
まずないし、電話番号はおろかメルアドすら教えない。
「もう一度一緒に飲みたきゃ自力で探せ」は美和が飲んだ時の
決め台詞みたいだ。
実際、同じ人と2回以上飲んだことなど一度もない。

だから私も美和がいる限り、男で失敗した事はない。
・・・というより今だ彼氏と呼べる人はいません。
そりゃ~~何度かタイプの人と飲める機会はあったが
みんな美和が目当てで例の如く2回以上会う事はない。

この作品のキーワード
地味子  すれ違い  勘違い  再会 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。