小牧君と付き合う事になったが正直今だに信じられなかった。
もしかしたら何かの賭けで私と付き合うのでは?と
疑ったりもした。

そう思っても仕方がなかった。
美女と野獣の逆バージョンなんだもん。
とても大腕振って
「これが私の彼の小牧君」なんて言える訳なかった。
その逆で小牧君の彼女が私だって事は伏せてほしかった。


「なんで?」
小牧君にわたしと付き合う事を内緒にしてほしいとお願いしたら
こんな返事が返ってきた
「だって・・・絶対に何か言われるよ」
「何かって?」
小牧君がわざと私に理由を聞いてくる。

わかっているくせに・・・

私は綺麗じゃないし一緒に歩いていてもきっと好奇の目で見られるに
決まってる。
それに私が一緒にいるとこをよく思わない人だってたくさんいるはず。
でも思っている事を小牧君に言ったら絶対に怒る。
わかっているだけに何も言えずに黙りこんだ。

小牧君は、黙っている私を見て大きなため息と共に呆れ顔で私を見た。

「俺にはわかんないよ。悪い事している訳じゃないし
 俺は香坂さん・・・いや杏奈の事が好きなんだよ。
 何をそんなに怖がってるの?俺じゃ頼りない?
 もし何か言われたとしても杏奈を守る自信はある」

この作品のキーワード
地味子  すれ違い  勘違い  再会 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。