私のクラスでは今、クリスマスの話で大盛り上がりだった。
彼、カノのいる人は別として
いないもの同志で集まってクリスマスパーティーをしようだとか
カラオケで歌いまくろうかだとか・・・
もちろん彼、カノのいない人限定なので
私達が付き合っている事を知らないクラスのみんなは
小牧君が参加しない訳がないといった感じで
放課になれば小牧君の周りを囲むようにみんなが
クリスマスの事を話している。

もちろん小牧君が参加となれば女子もだまっちゃいない
クリスマスの事を話しているのはわかっているのにわざと
ねえ~~なに話してるの?と話に参加しようとしているのは
クラスでも目立つ女子のグループだった。

私の様にクラスで目立たない子は
放課となればいつものように窓際で香織と陽菜の3人で他愛のない話をしている。
もちろん賑やかな子たちとは一線おいている。
だからクラスでクリスマスのイベントを企画していたとしても
誘われることはまずないし万が一あったとしても辞退する。

「ねえ・・杏奈や陽菜はクリスマス何か予定あるの?」
特別話す事がなくなって、無理やり話題を見つけた様に
話す香織に陽菜は
「私は・・・イベントに参加する。もちろんコスプレの・・」
陽菜は見た目は私以上に地味なのだが趣味がコスプレなのだ
本人曰く、最初はドキドキするけど一度やったらハマるのそうだ。
クリスマスはコスプレ仲間とパーティーがあると楽しそうに話していた。
「香織は?」
「私は・・・シルフィーのライブ」
香織も私と同じくらい目立たないのだがシルフィーというインディーズの
バンドが大好きらしい。
私は聞いたことないけどヴィジュアル系のバンドらしい。
だから香織もライブとなるとかなり奇抜な格好でライブに行くらしい。
私から見たら香織もコスプレやってるみたいなもんだと思うのだが
陽菜は一緒にするなと怒る。
はっきり言って私には全く分からない世界だ。
「・・・じゃあ・・・杏奈は?」
私は一瞬だけ小牧君の方を見たがクラスの子たちの影でその姿見えなかった。

この作品のキーワード
地味子  すれ違い  勘違い  再会