翌日、カーテンから漏れる光で目が覚めた。
隣には、大好きな小牧君が寝ている。
寝顔もかっこいいんだよね。
髪の毛も私よりサラサラで綺麗・・・・触りたいな・・・
私はそっと小牧君の髪の毛へと手を伸ばしたが・・・
その瞬間、ぱっと小牧君の目が開いた。
「おはよ」
「お・・おはよ」
私の手は行き場を失くして頭上を彷徨っていた。
「その手はなあに?」
フッと口角を上げる仕草が全てお見通しだよと言っている様で
私はその手をずるずると布団の中に隠す。
「こうやって迎える朝っていいよね。なんか幸せ」
満面の笑みの小牧君に私もつられて微笑んだ。
だって私も同じ思いだったから・・・
この先もずっと小牧君の寝顔を独占したいって思った。
それくらい今の私には小牧君が全てだった。
こんなにも人を好きになる事はきっとない・・そう思っていた。


あんまり遅くなると親が何を言うかわからなかったので
本当はもっといたいけど・・・
私は午前中に帰る事を告げていた。

この作品のキーワード
地味子  すれ違い  勘違い  再会 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。