「ったく・・・親父のやつ・・・ぎっくり腰とか
ありえねーし」
俺は杏奈からもらったマフラーを巻いて、30分遅れで
待ち合わせ場所である神社に到着していた。
怒ってるよな~
だって30分だよ。
怒らない方がおかしい。
だが、約束の場所に杏奈の姿はなかった。

きょろきょろとあたりを見渡しても
杏奈の姿はどこにもなかった。
電話をかけてみたが出る気配がない。
本気で怒ったのか?
だったら家まで行こうか・・・そう思った時だった。

「あれ?・・・小牧君じゃない?」
声をかけてきたのは杏奈じゃなく同じクラスの城田茜(しろた あかね)だった。
「あ~城田。あけましておめでとう今年もよろしくな」
一応あいさつだけして杏奈の事へ行こうとしたが
「ねえ!そう言えば今私すっごいの見たんだよ」
「すごいの?」
「うん。同じクラスの香坂さん。彼女がね~
 すっごいイケメンとラブラブだったの。あれ彼氏かな?」

この作品のキーワード
地味子  すれ違い  勘違い  再会 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。