―――― 6. 不安はつきもの

*****

次の日から、藤野くんの予想通り、ものすごくバタバタと仕事が忙しくなった。


「緒川、この部分の隣に去年のデータもグラフ化して載せといてくれ。
俺が出かけるまでだから、急ぎで頼む。」

「わかりました。」


こんな風に、風見さんに呼びつけられると次から次へ仕事を命じられる。
息つく暇もないくらい。

もちろんそれは私だけじゃない。うちのチームは全員同じ状態だ。


慌てて些細なミスなどしないように、注意を払いながら指示どおりに動く。
私には、そんなことでしか仕事のお役には立てないのだから頑張らないと。



「お疲れ~。」

「あ、お疲れ様です。」


午後、資料室で探し物をしていると、出入り口のドアがガチャリと開いて。
颯爽と足を踏み入れて来たのは、濃紺のスーツをピシっと着こなした染谷さんだった。


この作品のキーワード
オフィスラブ  俺様  地味子  ラブコメ  不機嫌  無愛想  天然  不器用  純真 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。