「キャアーーッ由樹!?」


「由樹!! おい!?」


「あなた、何てことしてくれるの!? 由樹の顔に傷でもついたらどうするのよ」

紗世は目の前で倒れているイケメンと、騒ぎ立てる面々を見つめて、何が起きたのかを認識する。


「あの……たかが鼻血で倒れただけでしょう!? そんなに騒がなくても……」


「たかが鼻血ですって!?」

言いかけた紗世の言葉を奪うように遮って、ショートボブで眼鏡をかけた女性が、紗世を睨みつける。


「まあまあ。君、えーと……麻生紗世くん!? 悪いがおしぼりを給湯室から持ってきて」


「……はい」

紗世は渋々、給湯室に向かう。
とんだ部署に配属されてしまったと凹む。

紗世が給湯室から、おしぼりを持って出てくると、イケメンは革製のソファーに寝かされている。

この作品のキーワード
オフィスラブ    イケメン  クール  ゴースト疑惑  胸キュン  俺様  秘密  病弱  切ない 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。