満員電車には乗れない体質だという結城。

結城が車を運転し、沢山江梨子の超高級マンションに着いたのは、会社を出て約30分後弱だった。

予め、沢山江梨子担当の相田匡輝に部屋のパスワードを聞いていた結城。

ロック解除のパスワードを入力し、インターホン越し沢山江梨子と話す。

沢山江梨子の声は猫なで声のようで、結城は震え上がった。

沢山江梨子の部屋の前。
結城は結城を待っていた相田に、事情を聞く。


「相田さん、顔色悪いですよ。ちゃんと寝てます?」

「明後日が締め切りなのに眠れるわけないだろ!?」


「相田さん、貴方が原稿を書くわけではないんですよ。相田さんがバテたら、誰が先生の担当するんです?俺は嫌ですよ。相田さんの代わりは。
俺、沢山江梨子って大嫌いだし」

この作品のキーワード
オフィスラブ    イケメン  クール  ゴースト疑惑  胸キュン  俺様  秘密  病弱  切ない 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。