楽しくて明るいギターの音色が、今日はなぜだか寂しい。


「……どうすれば、湊くんのこと励ましてやれるんだろう」


きっと、湊くんは野球が大好きな自分を封じ込めてるんだ。


心の中に。ずっと。


『野球の天才』だなんて言われて、プレッシャーだったよね。


大好きなことをもっと、自由にやりたいよね。


「……よし!」


私はノートをカバンから取り出すと、ペンで歌詞を書き始めた。


湊くんに届けたい。


私の作った、応援歌を。




この作品のキーワード
野球      切ない  高校  青春 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。