湊くんが裕也くんの頭を軽く叩く。


甲斐くんと呼ばれた男の子が私に向かってニッコリ笑う。


「2年の甲斐良樹(かいよしき)です。ピッチャーしてます。よろしくお願いします」


すごく礼儀正しい。


私もニッコリ笑って、頭を下げる。


「片瀬雫です。よろしくね」


この作品のキーワード
野球      切ない  高校  青春 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。