直射日光の当たらない水平なところに置いて下さい。


接眼レンズを取り付けて下さい。


対物レンズを取り付けて下さい。


レボルバーを静かに回して最低倍率にし、しぼりを開いて下さい。








僕のレボルバーは、すっかり君仕様に仕上がっているみたいです。




*このお話は、短編「ファンタスティック・レボルバー」の続編です。読んでいなくても支障はありませんが、そちらも読んで下さると嬉しいです!


*H20.7.14 start*
*H20.9.29 end*



●○●○●
素敵なレビューをいただいております。
皆様、checkしてみて下さいね!
●○●○●

この作品のキーワード
顕微鏡  甘々  高校生  ほのぼの    ピュア  胸キュン