「疲れた...」


疲れたという言葉は人生を努力した人間が使うものだ。


会社からの帰りの満員電車の中、そんな事を考えていた。


田舎の三流大学から、運よく都内の事務職につけたのも努力したわけじゃない。


「こんなにこの仕事が大変とは、思わなかった」


思わず口に出していたのを乗客は白い目で見る。


気まずいので窓に目を向けた。


窓の外は夕闇が迫っていた。もう12月。今年も終わりか。

この作品のキーワード
恋愛  純粋  ラブコメ  天使  ドン底  天然  三角関係  だめ男  一人称 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。