『お願い!茉央!私を助けると思って!ね?』


花の金曜日。

社会人になって3年目。

大分社会のルールというものが体に染み込んで、学生時代を羨ましくも懐かしく思い始めたころ。


高校時代からの親友である薫の家に呼び出されたと思ったら――、


「えー…。嫌よ、パーティーなんて…。」


薫に、日本有数の財閥や企業が集まるパーティーに出席してほしいと、懇願された。

目の前に出された、薫特製ドリアに進んでいたスプーンは、数分前から止まったまま。


『そこを何とか!』

「欠席します、って先方に伝えたら?私なんかの庶民を代わりにするよりも。」


そんなことできないから頼んでるの!と、薫は顔の目の前で手を合わせて懇願する。

金持ち主催のパーティーなんて、私には不釣り合いな場所なのに。



この作品のキーワード
短編  御曹司  甘々  コーヒー  庶民  シンデレラ  俺様  強引  花嫁 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。