暗闇の中、ほんのりと灯がともる。

小さな灯がやがて目の前でさぁっと明るくなり、懐かしい風景が広がる。

ああ……。

太っ腹町だ。

何?

私、太っ腹町に帰ってきたわけ?

キョロキョロしていると、見覚えのある1台の車が通りかかる。

黄色いフィット。

やった!ノリ様、仏様だ!

生まれたときからの幼馴染、木村則夫(きむらのりお)が窓を下ろし顔を出す。

「お~!愛!血相変えてどこ行くとね?」

「あ!ノリ!良かったぁ~。すまんけど、車、乗せてくれんね?電車に乗り遅れそうで……」

「電車?」

「うん。今からコンテストに行くとこなんやけど……。10時58分に乗り遅れたら、次は1時間後やけん」

この会話、覚えてる……。

じゃ、これは夢?


この作品のキーワード
ラブコメ  年の差  課長  無愛想  金融  あまあま  らぶらぶ  同棲  結婚  ALS 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。