「じゃあ、行ってくるな」


「気をつけてね、お土産待ってるよ」



土曜日の朝。


裏口でコートを着込む永近はよそ行きの格好をしていた。


足元には大きなキャリーバッグがある。


リュックも小洒落ているもので、どこからどう見ても旅行客姿だった。



「いいか、火の元と戸締りには十分注意するんじゃぞ。最近火事が多いらしいからのう」


「大丈夫だよ、ご飯はなるべく電子レンジで作れるものにするし、戸締りはおじいちゃんよりはしっかりしているからね」



「ばかもん」



渋面になった永近にぺし、と頭を叩かれて思葉は小さく舌を出した。



「ああそれと、店は閉めたままにしておきなさい。


……まあ、おまえが店番したいのなら開けてもいいが」


「あたしが家にいるときは、なるべく開けておくようにするよ。年中ほぼ無休で営業してるんだし」


「そうか。それなら販売は良しとして、物品の引き取りはせんでいいからな。


相手の名前と連絡先のメモをとって、わしが次にいる時を教えてあげなさい」


「はあい」


「……本当に大丈夫か?何かあったらすぐに連絡するんじゃよ」


「おじいちゃんもね。スマホの使い方覚えたの?」




この作品のキーワード
妖刀  霊感少女?  付喪神  骨董品店  和風  記憶  擬人化  女子高生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。