――………リン…………


――……チリン………


――チリン…




清らかな鈴の音が聴こえる。


それは等間隔に、徐々にこちらに近づきながら響いた。



「姫さま、こちらが姫さまをお守りしてくださる、陰陽師の方でございます」



突然、人の声が傍で起こった。


視界はもう暗くなく、そこは奥まった広い和室だった。


衝立や几帳・屏風が置いてある。


奥には御簾に囲まれた一段高くなった畳と、いくつかの調度品があった。



目の前に直衣姿の男が、傍らに花田(はなだ)色の小袿を纏った女がいる、声の主はこの女だろう。


男が恭しくこうべを垂れた。



「播谷道臣と申します」



聞き覚えのある名だ。


どこで耳にしたかと思葉が記憶を辿ろうとすると、女の反対隣からまた別の声がした。



「道臣どのはかの名高い陰陽師、安倍晴明どのに認められたお方。


この山寺に暮らすわたくしたちにとって、こんなにも心強く頼もしいお方はいらっしゃらぬ」



蘇芳香の小袿に袖を通し、脇息に寄りかかった年増盛りを過ぎた女だった。


その佇まいや口調、女と道臣の反応から、身分の高い人だということはなんとなくわかる。


しかし、姫と呼ぶにはいささか年寄りだった。


女が「姫さま」と呼んだのは、この女ではないのだろう。




この作品のキーワード
妖刀  霊感少女?  付喪神  骨董品店  和風  記憶  擬人化  女子高生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。