車のエンジン音が通り過ぎる。


布団の上に横たえているらしかった。


石鹸の香りが鼻を撫でる。


毎日感じている、夢から覚める感触がした。


外に散らばるものを感じながら、ゆっくりと知覚を取り戻していく。


意識が夢から現へと戻っていく。



(ここは……)



思葉はまだはっきりとしない頭でまずそれを考える。


わずかに身じろぎし、場所を確認しようと薄く目を開けた。


視界は暗く、日の出までまだ時間があると分かる。


男の顔が映る。


磨き上げられた黒玉の瞳、透き通るような白い肌、それよりも真っ白な髪。


長い睫が、整った鼻梁がとても近くに観える。


どちらかが動いたら、うっかり唇が触れ合いそうなほど近く……



「きゃああっ!?」



ぱっと目が醒め、思葉は驚いて飛び起きていた。


はずみで後頭部をしたたか窓枠にぶつけ、そこを抱えて両膝小僧に顔を埋める。


目に電光がちかちか瞬いた。



「痛っ、た……」


「……何しているんだ、おまえ」



玖皎が起き上がり、訝しそうに思葉を見る。


痛みの波が収まってから、思葉は涙のにじむ目で奇麗に整った顔を睨みつけた。




この作品のキーワード
妖刀  霊感少女?  付喪神  骨董品店  和風  記憶  擬人化  女子高生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。