「ねえ、何かあったの?」


「花瓶が割れていたんだってさ」


「花瓶?」



來世が顔も上げずに頷く。


思葉はもう一度ロッカーに目をやった。


確かにあそこには白い花瓶があって、いつも華道部の子が花を飾っていた。


今、ロッカーの上にも教室内のどの棚にも花瓶は見当たらず、半円はちょうど、その花瓶が昨日まで置いてあったところの手前にできている。


あそこに落ちたのだろう。


シャーペンを止めた來世が顔をあげ、ひそめた声を出した。



「おれも詳しくは知らねえけどよ。


井上と三谷が朝来たときには割れていたらしいぜ。


ほら、あいつらっていつも一番乗りだろ?」


「知らない」


「そんくらい知っとけよ。それで、おれが来る前からずーっとあんな感じ。


ま、野次馬はあんなにいなかったけどな」



思葉は三度、人だかりを見た。


少し身を屈めて彼らの足元を覗くと、床には水がこぼれ、その上に桃色の花と濃い紫色の花、そして砕けた花瓶の白い破片が散らばっていた。


ずん、と胸が重くなるのを感じる。


物が壊れるのは好きじゃない。




この作品のキーワード
妖刀  霊感少女?  付喪神  骨董品店  和風  記憶  擬人化  女子高生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。