(こ、小童って……)



ちび、小娘、小童。


小さいという言葉から離れてもらえなくて少しだけ傷つく。


すると階段の下から永近の声が飛んできた。



「おうい、思葉ー、今日の晩飯はおまえの当番だろう?」


「いけない、忘れてた。今行くー!」



喋る太刀に遭遇し、その相手をしていたらすっかり失念してしまっていた。


思葉は叫び返し、クローゼットの前に移って部屋着に着替える。


机から教科書が落ちてきた、だの、おれの目の前で着替え始めるのはやめろ、だのと太刀から文句が飛んできたがすべて無視した。


『おれ』と言っているので男のようであるが、無機物に意識する必要はない。


別に裸になるわけではないのだから。



「何て呼べばいいの?」


「は?」


「あんたのこと、名前分からないし……三条でいい?」


「それはおれをつくった刀工の姓だ、おれの名ではない」


「じゃあ何て言うのよ?」



ドアノブに手を掛けながら思葉は振り返る。


すぐに答えるのかと思ったが、太刀はしばらく黙していた。


ちくたくと時計の針が進む音だけが間に流れる。


その音が何度か刻まれたところで、ようやく太刀は静かな声音で答えた。




「霧雨玖皎(きりさめくしろ)。それがおれに与えられた名だ」









この作品のキーワード
妖刀  霊感少女?  付喪神  骨董品店  和風  記憶  擬人化  女子高生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。