ある日の午後。


ゲーム機の3○Sを開きながら、直樹が言った。



「妃由、木塚とは上手くいってる?」

「え、」



直樹はそう問いかけると、手元のそれの電源を入れてあたしの顔をチラリと見上げる。


あたしは今日、いつものように直樹の家に遊びに来ていた。

最初は「宿題する?」なんて言っていたのに、全然それに手をつけずに、今は結局いつもみたいにゲームを始めようとしている。


あたしはその問いに、直樹と同じくゲーム機の電源を入れながら…



「もちろん!超~上手くいってる!!」



って、笑顔でそんな嘘を吐きかけたけど…



「…いやごめん嘘。全然うまくいってない」



そう言って、盛大なため息を吐いた。



「上手くいってねぇのかよ」



するとあたしの返事に、笑っている場合じゃないのに直樹がおかしそうに笑う。


も~う、この男は…。

こっちは真剣に悩んでて不安なのに!



「笑いごとじゃないの!ほんっとに上手くいってないし不安なの!

木塚くんってほんとにあたしのこと好きなのかなって!!」



そしてあたしはそんな直樹に、ついムキになってそう言う。


だって仕方ないじゃん!付き合えることになったはいいけど、全っ然愛されてる感じしないんだもん!

どーせわからないだろうなぁ、このメガネバカには!


しかしあたしがそう思って口を膨らませていると、直樹が言った。



「じゃー別れちゃえよ」


この作品のキーワード
イケメン  ナルシスト  毒舌  チャラ男  真面目 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。