「…京輔?」
「七海時間」
「え?」
「飯食いに行くっておばさんにメールの返信しちまったから」
「えぇ?いつの間に?」
「いや、さっき…七海の携帯から送ったんだけど……マジでヤバイって…一時間のつもりが…七海、起きろって…」

先に起き上がった京輔が、私の身体に腕を回して起こしてくれた。



「七海?どっか、イテェ?」
「ん……大丈夫、だよ…」

起き上がった瞬間に身体の奥に鈍痛。
顔を歪めた私を心配そうに覗き込む京輔に、誤魔化すように笑みを向けた。


なんかまだ、ナカに京輔がいるみたいな感覚だとか思ったら、瞬時にカッと全身が熱くなった。



「大丈夫かよ?真っ赤」

向かい合った状態で座るベッドの上で、京輔の大きな手のひらが私の頬を包んで見つめ合う。




この作品のキーワード
すれ違い  不安  恋人  浮気  疑惑  嫉妬  イチャイチャ  激甘  大人の恋