ああ、これが恋というものか。
その瞳に吸い込まれて、息が出来ないの。
言葉が出てこないの。
声を奪われた人魚みたいに、立ち尽くすしかできない。

こんなに素敵で、甘い笑みを見たことがない。
背中に走る電流で足元から崩れてしまいそうな。

でも天は、二物を与えないのが現実。


「どんな見た目でも、女性であれば大好きです」

そう、翡翠色の瞳で丁寧な日本語を使い、彼は爽やかに笑った。

ああ私、本当に男運が無さ過ぎる。

この作品のキーワード
大人の恋  イギリス人  御曹司  婚約  偽装  失恋  俺様  溺愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。