翌朝、レナが出勤してすぐに、事務所の電話が鳴った。

(朝からなんだろう…。)

レナは荷物を置いて電話に出る。

「ハイ、須藤写真事務所です。」

「おはようございます、川田です。主人がいつもお世話になっております。」

須藤に代わって事務所を切り盛りしている、先輩の川田の妻からの電話だった。

「おはようございます。こちらこそいつもお世話になっております…。」

「実は…昨夜遅くに、主人が救急搬送されて、そのまま入院しまして…。」

「……えっ?!」

この作品のキーワード
幼なじみ  結婚  夫婦  妊娠  出産  病気  純愛  アラサー  バンド  主婦 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。