◇◇◇


秋、真っただ中の10月末。

色付き始めた街路樹や、コンビニのおでんののぼりに、近づく冬を意識する。



今日は14時に退社して、食料品店であれこれ必要な物を買い込み、

自宅マンションに帰ってきた。



エレベーターに乗り込んで押したのは、私の部屋3階ではなく、25階のボタン。



まっすぐに風原さんの家に行って、合鍵を使い中に入った。



エプロンを着てキッチンに立ち、買ってきた食材を紙袋から出していく。


じゃがいもを流水で洗いながら、一人、思い出し笑いをしていた。



風原さんと曖昧な関係が始まったのは、およそ二ヶ月前。


まともな料理が作れない私が、初めて彼のために作った料理はビーフシチューで、

それはそれは、悲惨な物になってしまったと……。



一口食べた風原さんは、「マズイ」と正直な感想を口にした。


でも残さず完食してくれて、笑いながらこう言ってくれた。



「そう落ち込むな。こんなものだろうと予想はしていた。

美味い物を作りたいと思うなら、これから練習して上達すればいい。

アナウンサーとしてのお前の成長だけでなく、

俺のために料理の腕が上がっていくのを見るのも、楽しみだな」



この作品のキーワード
アナウンサー  俺様  フェロモン  じれじれ  胸キュン  声フェチ  御曹司  プロポーズ  溺愛  結婚 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。