アイツも背中を向けて敷物の所に行ってしまった。
ムスッとしながらお昼ご飯にする。

美桜は、アイツの膝元でハンバーガーを頬張っていた。
「おいちぃ…」

すみれと彩美も自分達の子供にハンバーガーやフランクフルトなどを食べさせていた。

「しかし、あんたらって一体どないなってるのや?両思いとちゃうん?」

はぁっ!?
すみれの言葉に驚いてしまう。
「嫌だ、全然違うわよ!!何でこんな奴と…」

「俺もごめんだ」
キッパリと否定するアイツに思わず睨みつける。

何ですって!?
あんたが言わないでよ…ムカつくわね。

「でも、一緒に住んでいたらそう言う雰囲気とかなりませんか?」
彩美まで変な事を聞いてくるし

『……。』
そう言われると言葉に詰まってしまう。
何も無いと言ったら嘘になる。

だからと言って両思いとか冗談じゃないし…有りえないわ。

「美桜だって居るのよ!変な事言わないで」

この作品のキーワード
ラブコメ  社長  家政婦  俺様  意地悪  同居  復讐  ツンデレ  胸キュン  ほのぼの 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。