翌朝
私達は、微妙にお互いに意識をしてしまう。

あれから泣き疲れて眠ってしまった美桜をベッドまで運んだがいつの間にか自分まで眠ってしまった。

気づいたのは、翌朝。
いつもの通りに起きて朝食の準備をするのは、いいが気まずい。

『……。』
どうしょう…この状況。
寝てしまった時より気まずいのは、何で?

そうすると美桜が起きて来たらしく少し空いているドアから入ってくる。
「よいちょっ…ママ。美桜起っき~したのよ」

「あ、美桜。
おはよ~1人で起きれて偉いわね」
助かったと言わんばかりに美桜の所に行く。

部屋に連れて行くと着替えさせて髪を結ってあげる。
「ママ。美桜…もうプンプンちてないのよ」
そうすると美桜がそんな事を言い出した。

「あら、プンプンしてないの?どうしてかしら?」

「ママとおじちゃんちゅーちたから」

はい!?
こ、この子は、一体何を言い出すのかしら!?
思わぬ発言に動揺してしまう。

「あのね…ママ、おじちゃんとちゅうなんてしてないわよ?何かの見間違いじゃないかしら」

この作品のキーワード
ラブコメ  社長  家政婦  俺様  意地悪  同居  復讐  ツンデレ  胸キュン  ほのぼの 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。