「何が何でもだ!これは、命令だ」
それ以上何も言わないアイツ。

何なのよ!?それ…
ちょっと勝手なんじゃないの?

ムカつく。
だが久しいのパーティー。
もう縁が無くなってしまい残念な気持ちになっていたから嬉しさもあった。

パーティーならドレスどうしょうかしら?
引っ越しの時にもう使わなくなったから大分処分したり、リサイクルショップに売っちゃったし…

あ、美桜のドレス
せっかくだから飛びっきり可愛いドレスを作ってあげなくちゃあ!!
これは、大変だわ。

クッキーを食べ終わると片付けをそこそこにタンスやクローゼットの中を探る。

ゴソゴソ…
「嫌だわ。いいドレスが無いじゃない。
あ~これは、古いかしら?これだと地味だし…」

アイツの隣りに並ぶならそれなりの格好をしないとカッコ悪いし…。
これなら、少し上等なドレスを売るんじゃ無かったわ!!

「ママ…何やってるの?隠れんぼ?」
美桜が不思議そうに覗き込む。

「隠れんぼじゃなくて探し物よ!
ママの探し物」

「探し…もの?」
きょとんと首を傾げる美桜。

この作品のキーワード
ラブコメ  社長  家政婦  俺様  意地悪  同居  復讐  ツンデレ  胸キュン  ほのぼの 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。