「よせ桃子っ!」
「いいの。だって・・・和泉さんがこの賭けに勝てるとは、到底思えないし」
「そう思うか」

って、和泉さん、さっきも言ったよね。

なんか・・・余裕たっぷりに笑みを浮かべている和泉さんと、絶望的な表情でため息をついた兄を見ていたら、「もしかして、和泉さんには何かとっておきの武器でもあるの!?」と思ってしまって・・・。

内心では焦っていたものの、それを極力出さないように努めながら、私は「思いますよ?」と和泉さんに言った。

けどしまった!
ちょっと声が裏返った!
どうか、私の虚勢が見破られていませんように・・・。

そんな私の心の内を、和泉さんは見破っているのか、いないのか。
それは私には分からないけど、和泉さんはまたニヤッと笑うと「甘いな、桃子」と言った。

甘いのは、和泉さんの顔(マスク)と低い声でしょ。

この作品のキーワード
職場恋愛  ロマンチック  思い出  ドキドキ  ときめき  アツい男  冷めた女  対極だけど  似た者同士 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。