「・・・檀上さんがそんなこと言えるのは、私より恵まれた環境にいるからでしょ」
「え?それはどういう意味ですか?」
「檀上さんって、私よりキレイだし、細いし・・・モテると思って・・・」
「いえいえ!あの・・・私は来月で34になるけど、おつき合いしている彼もいませんし、結婚する予定もないです」
「へぇ。檀上さんってモテそうなのに・・・意外ですね」
「うーん・・・」と唸った私の脳裏に、なぜか和泉所長のハンサムなニヤけ顔が浮かんでしまった。

そんな邪念をふり払うように、私は「横田さんは、なぜ結婚したいと思うんですか?」と聞いた。

・・・そうそう。
今は目の前の相手に集中して!

この作品のキーワード
職場恋愛  ロマンチック  思い出  ドキドキ  ときめき  アツい男  冷めた女  対極だけど  似た者同士 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。