今の一件、所長に報告をしたほうがいいのか・・・ううん。
報告はしなければいけない。

『俺は、おまえたちがお客とつき合うことに異存はない。恋愛は自由だからな。社内恋愛もしていいぞ。だが、そうなる前に必ず俺に報告してほしい。そして、つき合うことがなくても、お客にコクられた場合も、俺に報告しろ。これは必須だ』

ホストをしていた頃、そういう関連のトラブルを、幾度か経験したことからそう決めたと、和泉所長は言っていた。

そのこともあって、婚活カウンセリングを始めとした対応は、女性のお客様には女性社員が、男性のお客様には、男性社員がしているし、お客様と社員の、異性間での接点を、普段から極力持たせないようにしているのも、所長の方針だ。
でも、今回のようなパーティーやイベントには、どうしても男性の会員様にも会ってしまうから・・・それはしょうがないよね。

この作品のキーワード
職場恋愛  ロマンチック  思い出  ドキドキ  ときめき  アツい男  冷めた女  対極だけど  似た者同士 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。