「確かに細い大根を使いましたが……。これでは菊花だいこんを作れる状態にまでいきませんよ?」

「た、確かに……」

 大根の皮を剥く。包丁をうまく使える人なら、なんてことのない作業のひとつだ。
 それも料亭の板前がするような、透けてしまうほど薄く皮を剥けとは言われていない。

 ごく普通に大根の皮を剥けばいいはずだ。

 しかし、私はなんせ料理下手。
 包丁をうまく使うなんていう芸当は、いまだ身についてはいない。

 そう。菊花だいこんを作る前に、まず初めに私がしなければならないことは、もう少し上手に包丁を扱えるようになることだ。
 そうは考えて家でも包丁の練習はするのだが、どれもこれもキレイに切れた試しなどない。

 ジャガイモの皮を剥く作業をしていると、どうしてか四角くなっていく。
 ジャガイモは基本丸形。それなのに最終的には四角になってしまうのは、これいかに。

 私の手にしているのは、小さな小さな白い塊。どう施しても、菊花だいこんにはできそうにもない。
 ガックリと項垂れる私を見て、順平先生は深くため息をついた。

この作品のキーワード
アラサー  イケメン  料理家  OL  らぶあま  強引  策士  甘ロマ  独占欲 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。