何故人は皆最初から危険因子を持っている男性(ひと)に、惹かれる傾向にあるのだろう?


  ちなみに耒架(るいか)が好きになった男性も、また例外ではなくそんなニュアンスを内に秘めた男性だった。


  出会いは同じ高校の美術部でしかも同じ美大に進んだけれど、就職先は別々になり一時は疎遠になる二人。


 やがて耒架は数年後彼と再び再会して思春期の君からあなたへと呼び名が変化してゆく過程で、『やっぱりあなたが好き』と気づく。が、しかし……。

この作品のキーワード
危険因子  接点  呪縛