「俺、、、




佐田のこと好きになったみたい。」



「またそういうこと言うの、
私あんたに落とされる気なんてさらさら
ないんだから」




「違うんだ。

いつも女の子と遊んでる時は

こんなことなくて、


胸が熱くなってドキドキするんだ。

こんな気持ちは初めてで。」



佐田雅緋は沈黙の後口を開いた。


この作品のキーワード
ヲタク系女子  ナルシスト系  恋愛  初恋  短編