「倉瀬君?どうしました?」

「い、いえ」

「顔が赤いですが熱でもあるんじゃ...」

「本当に何もないですから」


泉先生は眉を潜めた。


「...そうですか。でも、無理はしないでくださいね」


それから思い出したように。


「あ、そうそう。これからクラス発表があります。倉瀬君には先に言っておきますね。私達は1年5組ですよ。では、行きましょうか」


そう言って僕らは職員室に寄ってから、本校舎の3号館4階にある1年5組へと向かった。

教室に着いた頃にはもう他の生徒達は席に着いていて、僕はクラスメイトから変な視線を感じつつ慌てて自分の席に着いた。



周りには男子しかいない。


分かってはいたけれど、やはり相当な違和感である。



カッ、カッ、カッ



泉先生が黒板に名前を書いていた。


「今日からこのクラスの担任になりました、泉忠也です。担当は社会で、君たちには歴史を教えることになります。よろしくお願いします」


パチパチパチパチ


「それでは、初めに出席をとります。今井あ......」


ガラッ


教室の扉が開いた。

みんなの視線が切り替わる。




そこに立っていたのは、髪の毛に寝癖の付いた機嫌の悪そうな人。

でも、その端正な顔立ちに見入ってしまいそうなほどかっこいい。

何処かで見たことがあるような気がしたけど思い出せなかった。


「遅れてすいません」

「初日から遅れて来るとはいい度胸ですね」


優しい声で話す先生、...目が笑っていなかったのはきっと気のせいだ。