ブルブル、ブルブルと携帯のバイブの音がする。

「う~ん」

寝返りを打ちながら目を開けると、目の前にはそれはそれは端整な顔立ちの漆黒の髪の王子さまがいた。

睫毛が長く、彫りが深いその顔。

ちょっと疲れた様子で眠っているが、それはそれで女心をくすぐるというものだ。

頭の中で妄想しすぎて本の中の王子さまが夢に出てきたんだろうか。

夢でもいい。

こんな格好いい王子さまにぎゅっと抱き締められたら、三日はそれを飯の友にしてご飯が食べられるかも……。

でも……あれっ、本の中の王子さまはスペイン人だったけど……この人はどう見ても日本人。

待って、日本人と言うことは……。

え、え、え~‼

あまりにその王子さまをガン見しすぎて目の大きさが倍になる。

この作品のキーワード
御曹司  社長  イケメン  結婚  メガネ男子  クール  ラブコメ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。